2021年10月21日

農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:土壌の生態系を救ったキノコ

3億年前、植物や微生物、土を取り巻く生き物たちの変化が土を変え、大地の姿を大きく変えた。
湿地を中心に繁栄していたシダ植物が衰えた後に登場した裸子植物「グロッソプテリス」。マツやスギなど私たちに馴染み深い樹木の先祖と言われるこの植物。彼らの適応戦略が、私たちが慣れ親しむ「森」の原型をつくるとともに、土の仕組みに大きな影響を与えていく。

今回は、大地の歴史5億年の中でも大きな転換期になったといえる「3億年前の土壌」にスポットを当てたい。
主役は、キノコである。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:土壌の生態系を救ったキノコ"

posted by negi at : 2021年10月21日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月21日

【農の歴史】コラム 古代から受け継がれる焼畑農業~農業を森の生態系に組込む仕組み~

縄文人が最初に行っていたとされる農業は「焼畑農業」と呼ばれます。
「焼畑」というと、「焼払い」などと混同され、森林破壊の印象を持たれることがありますが、実は本来全くの別物。自然と調和した「循環型農業」として世界的に評価されています。
しかし、森の生態系に合わせて行う焼畑農業は、長い時間と労力を要し、現社会ではそれをできる地域が少なくなっています。
この日本でも、今では宮崎県の椎葉村のみでしか行われていない農法なのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【農の歴史】コラム 古代から受け継がれる焼畑農業~農業を森の生態系に組込む仕組み~"

posted by ideta at : 2021年10月21日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月14日

植物と微生物の関係は、高い外圧に置かれた生物同士が生み出した「戦略パートナー」関係にある

前回は、土中の微生物の働きとそのサイクルについてザックリとみていきましたが、今回はもう少し詳細に踏み込んでみたいと思います。

?なぜ植物の周りには、これだけ沢山の微生物が存在するのでしょうか?

色々調べてみると、土中の中全てに微生物が存在しているわけではないようです!

それでは続きを読む前に応援クリックをよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "植物と微生物の関係は、高い外圧に置かれた生物同士が生み出した「戦略パートナー」関係にある"

posted by sue-dai at : 2021年10月14日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月14日

『農村学校をつくろう!』シリーズ-7~中世・近世における日本の学び・子育てはどうなっていた?

前回までの記事で、農の場を、人材育成や学びの場として活用している事業事例をいろいろと見てきました。

 

これからは、学力や学歴よりも「何があっても生き抜く力」がより求められていく時代。現代の学校教育がどうしても学力に偏ってしまう中、今一度、人間が本来、大人になっていく過程で必要としている学び・子育てのあり方はどのようなものなのか?を整理してみたいと思います。

 

近代的な学校教育が始まる以前の、中世〜近世にかけて。

当時は、大半(約9割)の家庭が農業や漁業で生計を立てており、子育ては、その家業を継ぐ、あるいは農村共同体を担っていく人材を育てることそのものでした。

 

また、子供は授かりものであり、大切に育てる「子宝思想」という考えがあり、とても大切に子育てをされていたのには、一方で、子供が重要な生産力としても見られており、戦力にするということも大きな課題だったからなのかもしれません。

 

当時、子供達はどうやって集団の生産課題や自治の担い手になっていったのでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『農村学校をつくろう!』シリーズ-7~中世・近世における日本の学び・子育てはどうなっていた?"

posted by o-yasu at : 2021年10月14日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月12日

【農の歴史】第6回 日本農業の歴史~、農業は渡来人支配の歴史でもあり、共同体温存の歴史でもある。

日本の稲作の歴史は紀元前900年に遡る。九州の板谷遺跡や菜畑遺跡がその拠点でもある。縄文晩期の最も寒冷化した時期である。ただ、この伝来から拡大までは約1世紀 1000年がかかっておりおそらく寒冷化で食料がなかった時期には拡散していない。紀元前200年に徐福一団が大陸から退去して列島に渡来しており、彼らのその後の伝説が各地にできたことからしてこの時期、縄文の寒冷化が終わり人口が増大に転じた時期、そこを起点にして縄文部落は自らの農業を手掛けるようになっていった。
それは舶来信仰と同時に集落の人員を何とか食い繋げる期待があった。
信仰まで至ったのはそこに登場した稲作技術が待ち望んでいたものであったことの裏返しでもある。しかしこの稲作の登場と稲を神格化する日本人の指向性はその後稲作拡大の原動力となっていった。大きく4つの段階に分けて書いてみた

■第1段階
寒冷期~BC1000年~BC200年
縄文時代の人口削減。縄文中期には26万人いた人口が4万人まで削減した時代。江南地方から渡来 呉越戦争の敗者が日本に漂着。九州で稲作農業始まる。主には渡来人だけの集団での水田農業。土着の縄文人は山に移動し渡来人の農耕をまだ見ている段階。農耕を始めた渡来人と農耕をしない縄文人集落が混在する形。
寒冷期で食料がないから農業を始めたと見る向きもあるが、本当に食べるものがないような時期にリスクの高い農業などを始めるのだろうかというのが疑問。
おそらく寒冷期のこの時期は農業は初めていない。せいぜい渡来人が縄文人を取り込んで自分たちの技術を教えて小規模の水田稲作を始めた段階だったろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【農の歴史】第6回 日本農業の歴史~、農業は渡来人支配の歴史でもあり、共同体温存の歴史でもある。"

posted by tano at : 2021年10月12日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月07日

農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:なぜ土は酸性やアルカリ性になるのか

「酸性の土地では作物がうまく育たたない」。

農業ではよく聞く話。たしかに酸性というと生き物に悪いイメージもあるが、植物との関係はどうなっているのか?

実際、土壌の酸性化は、多くの植物にとって歓迎できない事態である。
酸性土壌になると、有害なアルミニウムイオンが溶け出し、植物の根の生育を阻害してしまう。さらに、植物生育に必須なリンが水に溶けにくくなり、根から吸収しにくくなってしまう等の問題がある。

今回はまず、そもそも土はなぜ酸性やアルカリ性になるのか?を考えてみたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:なぜ土は酸性やアルカリ性になるのか"

posted by noublog at : 2021年10月07日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月06日

『農村学校をつくろう!』シリーズ-6~農を核とした学びの先端潮流と今後の展望~

前回の投稿までをかけて、農村学校の事例や、農業を通じての子どもたちの成長について見てきました。

今回の投稿では、全国に広がる農を通じた学びの場について中間整理し、これからの時代の農村学校に向けた可能性と展望・課題について考えたいと思います。
「自治体」、「地域」、「企業」が、それぞれどのような人材育成の場・地域活性の場を創っているのか、先端的な事例について紹介します!


画像は、こちらからお借りしました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『農村学校をつくろう!』シリーズ-6~農を核とした学びの先端潮流と今後の展望~"

posted by hasi-hir at : 2021年10月06日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月05日

【農の歴史】第5回 縄文人は農耕をなかなか受け入れなかった?

今回からはいよいよ農の歴史・日本編!
農業は日本でどのように広まっていったのでしょうか。
まずは古代、縄文時代まで遡ってみたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【農の歴史】第5回 縄文人は農耕をなかなか受け入れなかった?"

posted by ideta at : 2021年10月05日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月01日

農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:「豊かな土を育むサイクル」を農業はどうしても崩してしまう構造にある

前々回は、肥沃な土壌とは「生きている土」ということをお伝えしました。
また前回では土の成り立ちを探り、「植物が存在する地球にのみ土がある」ということがわかりました。

土1グラムあたり100億匹以上の細菌が棲んでいるといわれています。

今回は、より科学的な視点で、土の中で何が起こっているのかを追求してみたいと思います。

?ではその微生物は、どのような働きをするのでしょうか?

続きを読む前に応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:「豊かな土を育むサイクル」を農業はどうしても崩してしまう構造にある"

posted by sue-dai at : 2021年10月01日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2021年10月01日

『農村学校をつくろう!』シリーズ-5~農の場が持つ力を人材育成に活用する事業~

前回の記事では、数か月間、長期的に農業の現場に身を置いた子供たちの成長・転換について書きました。

・自然の外圧に直接触れること

・何かを作る、生産するという課題に触れられること

・仲間と一緒にで生産課題(成果)に向かう事で、意識が自分ではなく“みんな”に向いていくこと

によって、子供たちの活力がどんどん上昇していくというところに注目しました。

 

今回は、そんな農業の場を、積極的に人材育成の場として事業化している事例を紹介してみたいと思います。

006_R1

(画像はこちらのサイトからおかりしました)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『農村学校をつくろう!』シリーズ-5~農の場が持つ力を人材育成に活用する事業~"

posted by o-yasu at : 2021年10月01日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List