2009年7月26日

2009年07月26日

農薬を徹底追求!!!(2)農薬関係法令のまとめ

こんばんは まるいちです。農薬の歴史に続き、【農薬関係法令】の紹介です。
ホクレン農薬.netさんからの引用です。

■関係法令
 農薬は、その性格上環境中に直接放出されるものであり、生理活性機能もあることから化学物質のなかでも厳しく規制されています。
 製造・輸入・販売については「農薬取締法」が適用となり、急性毒性の強いものは「毒物及び劇物取締法」、また引火性があるものは「消防法」が適用されます。
 また、その使用にあたっては「農薬取締法」のほか、「食品衛生法」や「水質汚濁防止法」「環境基本法」が適用されます。さらに、廃棄される農薬やその容器についても、廃棄物の処理及び清掃に関する法律が適用されます。
 このように、農薬はその製造から廃棄まで厳しく規制されています。
農薬に関する関係法規は次の通りです。
(1)農薬取締法
 農薬についての登録制度を設け、製造・輸入・販売および使用について規制を行っています。 これは農薬が病害虫に対する生理活性の強さとその一定の持続性が必須の要素であることから、その使用方法によっては健康や生活環境に悪影響を及ぼすことが懸念されるため、農薬の製造・輸入・販売ならびに使用について適正な使用方法について定めたものです。
%E8%BE%B2%E8%96%AC%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%B3%95%E4%BB%A4%E5%9B%B3%E8%A7%A3.jpg
農薬関係法令図解・・・クリックすると拡大します

(2)毒物及び劇物取締法
 毒物・劇物は、その性質から取扱い方によっては、国民の保健衛生上大きな危害を及ぼすおそれがあります。
 「毒物および劇物取締法」では、農薬などの化学物質(医薬品・医薬部外品を除く)について、毒物または劇物に指定し、保健衛生上の見地から、これらの製造・輸入・販売・表示・譲渡・廃棄などについて規制を行っています。
(3)食品衛生法
 食品は、私たちの生活を営むうえで必要不可欠なものです。その食品が有毒物質や病原微生物に汚染されていた場合、人の健康を害するおそれがあります。
 「食品衛生法」では、食品の飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、公衆衛生の向上および増進を図るため、食品の規格等の設定、検査の実施、不衛生食品の販売禁止など規制しています。この法律のなかで、「食品」とはすべての飲食物を指し、市場に出回る農産物も当然その中に含まれています。
 「食品衛生法」は、平成15年に改正されました。これは、従来の法律では残留基準が定められていない農薬などを含む食品の販売に対して、規制が困難でありました。
 このため、残留基準の定められているものをリストとして示し、それ以外の農薬・動物用医薬品および飼料添加物が残留する食品の販売などを原則として禁止する制度(ポジティブリスト制)を導入し、平成18年5月29日から施行されました。
(4)消防法
 消防法は、発火性または引火性を有する危険物の取扱いなどに関し規制を行っております。
 農薬のなかには、有効成分の性質や、油剤や乳剤のように原体を希釈するために加える有機溶媒や、乳化剤などの補助成分の性質から危険物に該当するものがあります。対象となる農薬は、貯蔵所・製造所・取扱所の位置、構造および設置に関わる技術上の基準や、取扱う品名・数量などの規制を受けます。
(5)その他の関連法令
 近年、さまざまな化学物質の利用が増えており、これらの物質が河川や湖沼などから微量に検出されるようになってきました。一方、水道水については、より安全でおいしい水の供給が求められ、河川などの公共水域の水質汚濁に対して社会的関心が高まっております。
 このことから、厚生労働省・環境省・農林水産省の各省庁では、それぞれ管轄する環境基本法、水質汚濁防止法、水道法などを改正し、化学物質による水質汚濁を防止するための対策を講じています。
① 環境基本法 ④廃棄物の処理及び清掃に関する法律
② 水質汚濁防止法 ⑤食品安全基本法(平成14年6月制定)
③ 水道法
●引用文献 農薬概説(2007) 社団法人 日本植物防疫協会

★農薬を規制する法律は以上のように様々なものがあります。
 しかし、それぞれの法律の監督官庁が異なっており、一方で禁止、一方では許可、或いは国内では禁止、輸入品はグレー・・・同様に「農産物」「食品」の違い?、「農薬」「添加物」の違い?等々、到底統合された基準になっているとは言えません。
★本来、安全、安心を考えるのであれば、このあたりを明確にする必要があると思います。
 ⇒新しい追求テーマとしたいと思います
最後まで読んでいただきありがとうございます☆ポチッと応援お願いします!↓

投稿者 nara1958 : 2009年07月26日  

2009年07月26日

農薬を徹底追究!!!(1)農薬の歴史

■おはようございます まるいちです。
 農業、農作物の問題?としてよく話題になる【農薬】。食の安全安心が叫ばれる中、更に注目が集まっているように思います。
 今回は、これを【農薬を徹底追求!!!】シリーズとして、考えてみたいと思います。
 
 【農薬】を、【悪】【必要悪】【不可欠なもの】【農作物の収量を上げ、労働時間を軽減した素晴らしい科学の成果】というような価値観から入るのではなく、まずは事実を明らかにしていきたいと思います。
 まず、農薬の歴史、法律、農薬会社の実態等を整理。
 次に各農薬の作用メカニズムを追求。
 そして、安全性の基準の整理。
 そして、減農薬農法の整理。
 と言うような流れになるともいます。
■農薬の歴史:農薬ネットさんより抜粋、引用させていただきました。

●農薬の歴史 その1:農業文明の発展編
 人間が農業をはじめると同時に、人間と病虫害との関係がはじまった。先人達の苦労の歴史を振り返り、現在の農薬がどの様にして生まれてきたかを知るのは大変重要なことである。
1、約1万年前・・・農業の始まり
 それまで狩猟・採取に頼っていた人間が、なぜ面倒な農業を始めたのかについては色々な説があります。人口が増えてきて食料が不足してきたためであるという説が有力です。ちょうどこの頃に氷河期が少し戻ってきて、千年ぐらいの間地球が寒冷化したことが知られており、狩猟・採取が困難になったとも言われています。
2、約5000年前・・・農業文化の発展 中国で農業の神様として祭られている「神農」。すき・くわを考案し、百草をなめて、食物・毒・薬となる草を見いだしたと言われています。実在の人物ではありませんが、それに近いことをした人がいたか、多くの人の業績を一人の神にまとめあげたと考えられます。また、中国最初の王朝である「夏(か)」を作った「禹(う)」という人物は治水に成功して民衆の尊敬を集め、これが帝国建設のきっかけになりました。 日本で農業がはじまったのも、この頃ではないかと考えられています。ソバなどが主だったようです。
3、約3000年前・・・農薬の出現 ローマ時代に麦の種をワインに浸したり、植物の灰や硫黄を畑にまくことなどが行われた記録があります。おそらく、おまじないとして行われたのではないかと思います。効果の程はわかりませんが、現代の農薬に通じるところもあるので何らかの効果はあったのではないでしょうか?
4、約2300年前・・・日本で水稲栽培はじまる
 この頃は病害、雑草は十分に認識されていなくて、もっぱら猪・鹿・ねずみなどの獣やイナゴなどの大型の昆虫が害を及ぼすと考えられていました。銅鐸や男根型をした石棒などを祭りに用いて、害虫獣の退散を祈祷したと考えられています。
5、西暦600年頃・・・キリスト教の台頭 ヨーロッパでは害虫獣を宗教裁判にかけて断罪した記録が残っています。全ての生物に注がれる神の慈愛を受ける資格がないとして破門の処置がとられています。生け贄や魔女裁判なども害虫獣の退散の目的で盛んに行われたようです。これらは18世紀頃まで続きました。
平安時代・・・日本初の農薬?
6、西暦807年に書かれた「古語拾遺」という本に害虫に関する記載があります。当時の日本の稲作ではウンカとアワヨトウが主な害虫だったようです。伊勢神宮での祈祷により、虫が蝶に変化して飛び去り(アワヨトウが成虫になったのだろう)またハチにより殺されたことを喜んだ、という文があります。当時から有用な天敵としてハチやヘビ(ねずみを食べる)は認識されていたようです。また山椒や塩などを混ぜ合わせた物をまけという記載もあり、日本で最初の農薬とも言えそうですが、効果は全く無かったはずです。蚊帳が使われ始めたのもこの頃です。
7、鎌倉時代・・・肥料の発見 関東地方で糞尿を田にまくことが行われはじめたと言われています。肥料の考え方がはじめて生まれました。米がたくさん取れるようになり、関東武士は力をつけ、鎌倉幕府の開設へとつながったという説もあります。人糞を肥料として用いたのは日本独自の文化で、他国では例のないことだそうです。除草という考えもこの頃からはじまったようです。
8、西暦(以下省略)1600年・・・家伝殺虫散
 現在の島根県に住んでいた松田内記という人物が「家伝殺虫散」というものを発明し、文書に残しています。これが記録に残っている日本最古の農薬です。トリカブトや樟脳など五種類の薬品を混合した物で、ウンカや猪に効果があるとされています。この人物は観察眼に長けていたようで、ウンカの生態などについて現在のレベルで見ても正確な記載を行っています。
9、1685年・・・生類憐れみの令と陶山訥庵
 江戸の将軍「徳川綱吉」は天下の悪法「生類憐れみの令」を出しました。農村で猪や鹿を殺すことも禁じましたが、実際には寛大な処置がとられました。害虫に対してはおとがめがなかったそうです。そんなご時世に対馬に生まれた「陶山訥庵」という人物は、猪に悩む農民を救おうと猪の全滅計画を実行しました。これは対馬を9区画に石垣で区切って、順次その中の猪を柵などで追い込んで全滅させるという大事業でした。9年間かけてついに対馬の猪は全滅しました。その数は8万頭に上ったと記録されています。それ以来、対馬からは猪がいなくなり農民は安心して農作業に励んだと言います。しかし、陶山訥庵は生類憐れみの令に反すると厳しく批判され、役職を解かれるに至りました。
10、1697年・・・農業全書と宮崎安貞
 この年、福岡在住の「宮崎安貞」は農業全書全10巻を完成させました。これは、最初にして最大の農業指南書であり、大きな反響がありました。その中に農薬のことも記載されており、タバコの煮汁や硫黄を燃やした煙など効果が十分期待できる物も含まれています。しかし、実際にどの程度実行されたのかはわかりません。
11、1732年・・・享保大飢饉
 西日本を中心にウンカが大発生し、70%以上の減収となり、100万人以上が餓死したと推定されています。これ以降、サツマイモの栽培が推奨されました。その後も1782年の天明大飢饉、1833年の天保大飢饉があり(共に冷害とイモチ病が原因)江戸幕府の体制に大きな影響を与えました。この頃も防除法は祈祷が主でした。
12、1750年ごろ・・・注油法の発明
 たんぼに鯨油など油をまくと、水面に広がり油膜を作ります。そこに虫が落ちると油に搦まれて飛び上がることが出来なくなり、死んでしまいます。このことが各地で知られるようになり、日本で初めて真に有効な害虫防除が出来るようになりました。現在でも油を果樹などにかけて虫を殺すことは行われています。江戸時代には多くの薬品が使われた記録がありますが、結局、注油法以外に有効な方法は見いだされなかったようです。また、注油法もあくまで一部地域で断片的に行われたもので、全国的に見ると相変わらず祈祷が主でした。
13、1845年・・・アイルランド大飢饉とアメリカ
 この年、ジャガイモ疫病がヨーロッパ全土に広がり、イギリスの北にあるアイルランドはジャガイモを主食としていたため、人口800万人の内100万人以上の餓死者を出し、さらに多くの移住者も出し、人口が半減してしまいました。この時新大陸(アメリカ)に移住した者100万人。これが、アメリカ発展の基礎にもなりました。人々の、病虫害をなんとかしたい・・という思いがいっそう高まった事件でした。
14、1873年・・・植物検疫のはじまり
 この年ドイツで世界初の検疫の法律が誕生しています。これは、アメリカからブドウの樹を輸入したフランスで、アメリカにしかいなかった虫が発生し、10年後にはブドウの収穫が1/3になるという事件があったことによります。その後、各国で同様な法律が誕生しています。日本でも明治維新以降、続々と渡来害虫が侵入し大きな被害をもたらせました。1914年に日本でも植物検疫所が発足し、害虫対策が本格的にスタートしました。外国から天敵を輸入することから始まり、大きな成果を残しました。
15、1913年・・・リービッヒとハーバー・ボッシュ法
 植物が成長するために必要な物はなんなのか?これは長年にわたる人類の疑問でした。この答えが食料生産の増大につながるからです。1840年、ドイツのリービッヒは炭酸ガス、水と、チッ素、リン、カリが重要であることを発見しました。ここから人工肥料の考え方がスタートしました。しかし、リンとカリは鉱物資源として得られましたが、チッ素はなかなか得ることが出来ず、肥料は不十分な物でした。その後、同じくドイツのBASF社はハーバー・ボッシュ法という画期的なアンモニア合成法を開発し、チッ素肥料を安価で大量に得ることに成功しました。ここから、多収穫の近代農業がはじまり、いよいよ、病害虫と人間の戦いも本格化することになりました。また、化学合成物が大量に農業に用いられるという新しい図式が生まれました。

●近代農薬までの歴史・・・人間は必死になって自然と闘争していたのだと思います。
 以下、近代農薬が発明されて以降の歴史です。
 是非読んでください < (_ _)>
続きを読む前にポチっと☆応援ありがとうございます!

(さらに…)

投稿者 nara1958 : 2009年07月26日