2009年7月30日

2009年07月30日

農薬を徹底追究!!!(9)殺ダニ剤編

こんばんは 丸一です。今日は殺虫剤に続いて殺ダニ剤についての記事です。
虫とダニって違うの?何で違うの?って思った方は、鋭いです。
昆虫とダニは違います・・・と言う事で、殺ダニ剤の概要からです。
■殺ダニ剤
1、殺ダニ剤の概要
1)、殺ダニ剤の変遷
 日本は、気候的にダニによる被害が多く、ダニ剤の開発も盛んである。
1957年上市のサッピラン(日本曹達)に始まり、1971年シトラゾン(日本曹達)、1990年以降では、1991年サンマイト(日産化学)、ダニトロン(日本農薬)、ミルベノック(三共)、1993年ピラニカ(三菱化学)、1998年バロック(八洲化学)、1999年カネマイト(アグロカネショウ)といった国産の殺ダニ剤が開発販売されている。   
海外開発品ではケルセン、プリクトラン、ダニカット、カーラなどがある。
 しかし、殺ダニ剤に対する抵抗性は早いものでは3~4年ほどで発現するものもあるため、製品のライフサイクルが一般に短く、変遷が著しいのがその特徴でもある。
%E3%83%8F%E3%83%80%E3%83%8B%E3%83%BC%EF%BC%91.jpg %E3%83%8F%E3%83%80%E3%83%8B%E3%83%BC%EF%BC%92.jpg
%E3%83%8F%E3%83%80%E3%83%8B%E3%80%80%E5%8D%B5%E5%B9%BC%E8%99%AB%E6%88%90%E8%99%AB.jpg
2)、ダニと昆虫の違い
 ダニ、ノミ、シラミ、の違いは、ノミとシラミは昆虫だが、ダニは分類上昆虫ではなくむしろクモに近く、昆虫綱とは別のクモ形綱に所属している。
 ダニと昆虫との大きな違いは、昆虫の成虫が頭部、胸部、腹部の3つに分かれ、脚は3対あるのに対し、ダニの成虫はクモと同様、頭と胸が一緒になった頭胸部と腹部の2つに分かれ、脚が4対あることである。
 (作物を加害するハダニ(葉につくダニからハダニという)など、小さなダニは、英語でmite(マイト)といい、多くの殺ダニ剤の商品名に「マイト○○」と付いているのは、これに由来してる。)
%E3%83%8F%E3%83%80%E3%83%8B%E3%80%80%E8%91%89%E3%81%AE%E8%A2%AB%E5%AE%B3%EF%BC%92.bmp
%E3%83%8F%E3%83%80%E3%83%8B%E3%80%80%E8%91%89%E3%81%AE%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E3%83%8A%E3%82%B9.jpg
%E3%83%8F%E3%83%80%E3%83%8B%E3%80%80%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A2%AB%E5%AE%B3.jpg
3)、殺ダニ剤の抵抗性
 ハダニは分類上、昆虫とは異なり、体のしくみも異なっているため、多くの殺虫剤はハダニには効かない。だからハダニの防除には一般に専用の殺ダニ剤が使用される。
 殺ダニ剤の問題は抵抗性という現象で、特にハダニは抵抗性を獲得しやすい。
 抵抗性獲得のメカニズムは、医薬の抗生物質に薬剤耐性ができるのと似ていると言われており、同一の殺ダニ剤を何回も散布すると起こりやすい。
 これはハダニの活動範囲が狭く、年間の発生回数が多く、薬剤の淘汰を受けやすいからだと言われている。同じ作用点の殺ダニ剤同士で抵抗性が発達する場合は、交差抵抗性と呼ぶ。
 抵抗性の発達を避けるには、同一の殺ダニ剤や同じ作用点の殺ダニ剤を年1回以上使用しないこと、また違う作用点の殺ダニ剤を輪番使用するのが大切。
4)、殺虫剤使用でハダニが増える?
 害虫防除に殺虫剤を散布して、かえって害虫ダニが増えてしまったということが起こることがある。これを「リサージェンス」と呼ぶ。
 果樹、野菜のハダニ類には、ハネカクシ類、テントウムシ類、ハダニアザミウマ、カブリダニ類といった土着の天敵がいるが、殺虫剤散布によりこれら天敵がいなくなり、ハダニの繁殖力が高まり、一気にハダニの被害が増える。
5)、広範な天敵や有用昆虫の保護も重要な視点
 ハダニにはカブリダニ類という強力なダニの天敵がいます。カブリダニのメス成虫は、1日当たりハダニの成虫を5頭と卵を30個くらい捕食する大食漢である。
 カブリダニは、茶のケナガカブリダニのように土着のものもいるが、海外から能力の高い種を導入して天敵として放飼する、いわゆる生物農薬が実用化されている。チリカブリダニという品種で、商品名を「スパイデックス」(アリスタライフサイエンスTM)、「カブリダニPP」(トモノアグリカ)として販売されている。
 また、ハダニの天敵だけを保護するだけではだめで、ハダニの天敵はもちろん、同時に発生する害虫(アザミウマ類やアブラムシ類、コナジラミ類、マメハモグリバエなど)に対する天敵や、交配のために必要なミツバチ、マメコバチ、マルハナバチなどの有用昆虫も保護する必要がある。この辺りは重要な技術課題である。
6)、殺ダニ剤の開発
 前述の通り、ダニは、昆虫とは異なり分類学上は、節足動物門、くも形網、ダニ目に属している。農作物を加害するダニには、ハダニ類、サビダニ類、コナダニ類などがある。ダニ剤の種類は、殺虫剤に比べて少ないが、作用性が分かっているものも極めて少ない。農作物用として、比較的よく使われ、作用性がある程度分かっているダニ剤は次ぎの通りである。
1.神経伝達の阻害剤(ケルセン、アカール、ダニカット)
2.エネルギー代謝阻害剤(モレスタン、ダニカット、サンマイト:ダニが生きていくために必要なエネルギー供給システムを阻害する。)
3.呼吸阻害剤(マイトサイジン)
 殺虫剤が殺ダニ活性を持つとは限らず、又逆に、殺ダニ剤が殺虫活性を持つとは限らない。従って、新農薬の探索スクリーニングでは、害虫とダニに対するスクリーニングを通常別個に実施する。しかもダニの場合、成虫と卵に対する効力を共に評価する。ダニの世代交代が非常に早いので、同じダニ剤を繰り返して使用すると、抵抗性が出易い。そこで、作用性が異なるダニ剤を交互に用いるのが好ましい。新規ダニ剤を開発する場合には、先行剤と作用性が異なる薬を市場に出すべきである。その意味で、比較的早い段階で開発しようとしている剤の作用性を知っておく必要があろう。それには、既存のダニ剤に抵抗性を示すダニを入手して、開発剤がそれに有効かどうかを確認しておかなければならない。
●殺ダニ剤の概要、分かっていただけたでしょうか?
 農業の現場では、ハダニの発生は日常茶飯事です。
少しでも葉に兆候や食害を発見したら、即防除です。油断すると数日で大きな被害を招きかねません・・・早めに手を打てば農薬の使用量、使用回数も減ります。
 以下、少し専門的になりますが殺虫剤、殺ダニ剤の分類です。
 是非読んでください < (_ _)>
続きを読む前にポチっと☆応援ありがとうございます!

(さらに…)

投稿者 nara1958 : 2009年07月30日  

2009年07月30日

農薬を徹底追究!!!(8)~殺虫剤の作用メカニズム~

 こんばんわ、マサクニです。
今回は、我々が日常使っている殺虫剤がテーマです。
殺虫剤がどのようにして害虫に効果を発揮するのか、その作用メカニズムを調べていきます。
以下「農薬の用語解説」 4/27~10/27からの引用です。
●殺虫剤はどうして効くのか-
殺虫剤を、使用方法と害虫に対する効き方から分類すると、接触剤、摂食剤、浸透性移行剤及び薫
蒸剤
となります。
 殺虫剤は害虫が植物の葉や茎を食べたり、殺虫剤に触れたり、呼吸により吸い込んだりすることにより害虫の体内に侵入します。
 摂食剤は、植物の葉や茎に付着している薬剤が害虫の摂食により体内に取り込まれるタイプと、根、葉や茎からいったん植物の体内に浸透した薬剤を害虫が吸汁することにより取り込むタイプがあります。接触剤は薬剤が害虫の表皮から吸収されて効果を現すもので直接、害虫に散布するタイプと植物に散布した薬剤が害虫の脚などに接触して吸収されるタイプがあります。
 燻蒸剤は、気化した薬剤が害虫の気門から体内に侵入するものです。
 しかし、近年使われている殺虫剤には単一の経路だけではなく、複数の侵入経路をもっているものも少なくありません。
これらを作用性から分類すると、次のようになります。
1)神経伝達阻害剤
i)有機りん系(マラソン)
ii)カーバメート系(メソミル)
iii)有機塩素系(DDT)
iv)ニコチン系(アドマイヤー)
v)いそめ毒系(カルタップ)
vi)合成ピレスロイド系(トレボン)
ⅶ)抗生物質(コロマイト)
2)エネルギー代謝阻害剤(ホストキシン)
3)キチン生合成阻害剤(アタブロン)
4)昆虫ホルモン制御剤(マトリック)
5)その他(フェロモン剤、誘引剤など)
このように、現在使用されている殺虫剤の殆どが害虫の神経伝達を阻害します。温血動物も神経系
を持っていますが、解毒の代謝や作用点への到達のし易さの違いなどによって、効力が高いが温血動
物に対する毒性が低い殺虫剤が多く開発されています。
キチン生合成や昆虫ホルモン制御剤は、昆虫特有の生理機能に作用するという点で好ましい選択性
を持つ殺虫剤です。
 応援お願いします。
●殺虫剤の分野別、作用特性分類
(出典 岐阜大学 応用生物科学部 園芸学研究室の福井博一教授の公式個人サイト)
殺虫剤は、昆虫の基本的な生理的生存機能を働かなくすることで昆虫を死滅させることを目的と
しています。昆虫の性質としては、(1)神経がある、(2)呼吸をする、(3)幼虫から成虫に変
わる、(4)食事をする、などがあり、殺虫剤は、この昆虫の性質を駄目にする働きがあります。
これらの昆虫の特徴の中で「神経」があることを利用し、神経の伝達を阻害する殺虫剤が「神経
系阻害剤」といい、殺虫剤の中で最も種類が多い。神経系阻害剤は神経がある生物すべてに共通の
阻害剤であるため、植物・微生物を除く、すべての生物に影響を及ぼします。

1.神経系阻害剤
神経は、すべての昆虫の行動と関係しており、神経伝達を阻害すると「物を見る」、「物を食べる」、
「動く」などの行動が出来なくなります。
昆虫の神経と人間の神経の基本構造は同じであるため、
この神経系阻害剤は人間にとっても非常に毒性が高い物質です。
この神経系阻害剤には(1)有機リン酸系殺虫剤、(2)カルバミド殺虫剤、(3)ピレスロイド系殺虫剤、
(4)ネオニコチノイド系殺虫剤、(5)ネライストキシン系殺虫剤などがあります。
農薬の袋には、「成分名」が必ず書いてあり、これが殺虫剤の種類を分類する重要な指標となる
ので、これを読む習慣を付けて下さい。特にこの「成分名」は小さな字で書いてあるので、良く注
意をして下さい。
(1)有機リン系化合物
分類の特徴として、「成分名」のカタカナに、ホスホ、ホスフェといった文字が必ず出てきます。
商品名としてはDDVP、ビニフェート、ランガード、EPN、ジプテレックス、スミチオン、
ダイアジノン、エストックス、ダイシストン、マラソン、エカチン、スプラサイド、オルトランな
ど多数のものがあります。
有機リン系殺虫剤は極めて種類が多く、市販されている殺虫剤の多くをこれが占めます。有機リ
ン系殺虫剤は、化学兵器開発途中に考案されたものであり、人間にとっても有害であることを認識
して下さい
(オウム真理教で有名になった「サリン」もこの有機リン系殺虫剤の仲間です)
有機リン系殺虫剤の一般的特性は、
①神経から筋肉や神経同士の連絡を阻害する働きがある
②分解が早く、残効性は期待できない、
③アルカリ性で分解するため、アルカリ性の農薬(ボルドーや石灰硫黄合剤)と混用できない、
④低毒性ではあるが、作業中に薬剤を浴びたり吸わないこと、
⑤作業後は石鹸でよく洗う、などがあります。
(2)カルバミド化合物
分類の特徴として、「成分名」のカタカナに、カルボ、カルバ-、カーバ-といった文字が必ず
出てきます。
商品名としてはデナポン、ハイドロール、ピリマーなどがあります。
作用は有機リン剤と似ていますが、働きが異なるため、有機リン剤とは抵抗性が重なりません。
特性として、熱、太陽光、酸に安定ですが、アルカリ性で分解されやすいことがあげられます。有
機リン剤に次いで種類が多い系です。
(3)ピレスロイド系殺虫剤
分類の特徴として、「成分名」のカタカナに○○リンといった文字が付くものが多いのですが、
一度農薬販売業者に確認して下さい。商品名としては、アレスリン(カダンA、ボンサイズA、ワ
イパーゾル)、エトフェンプロックス(トレボン)、シクロプロトリン(シクロサール)、シハロト
リン(サイハロン)、シフルトリン(バイスロイド)、シペルメトリン(アグロスリン)、トラロメ
トリン(スカウト)などがあります。
除虫菊の研究から開発されたもので、主な作用は神経まひで、有機リン剤やカーバメート系薬剤
と作用がまったく異なるので、抵抗性が重ならない。速効性で、残効性があるものが多い系です。
(4)ネオニコチノイド系殺虫剤
主な殺虫剤として、イミダクロプリド(アドマイヤー)があります。新しいタイプの殺虫剤で、
①アブラムシ、スリップス、コナジラミ等に効果が高い、
②神経マヒ作用で、摂食や産卵を防止する、
③速効性で、効果が持続する、
④人畜毒性が低い、などの特徴を持っています。
(5)ネライストキシン系殺虫剤カルタップ(パダン)、チオシクラム(エビゼクト)、ベンスルタップ(ルーバン)が商品として
市販されています。
この殺虫剤は、イソメ(釣りの餌)をなめたハエが死ぬことから、研究開発されました。死ぬま
でにはかなり時間がかかりますが、神経マヒは速やかに起こり、摂食を阻害するため、食害は最小
限に止まり、残効性がある、という特徴を持っています。
2.呼吸阻害剤
呼吸作用に関わるミトコンドリアの電子伝達系阻害剤で,鱗翅目(ヨトウなど),半翅目(アブ
ラムシ,コナジラミ),アザミウマ類,ダニなど多くの害虫に殺虫作用を持ちます。医薬用外劇物
なので、一般家庭では使用できません。
(1)トルフェンピラド
トルフェンピラド(ハチハチ乳剤)
(2)ピロール系
クロルフェナピル(コテツ)
(3)マクロライド系
エマメクチン(アファーム,ショットワン),ミルベメクチン(コロマイト,ミルベノック)
3.昆虫生長制御剤(IGR剤:Insect Growth Regulators)
昆虫は、卵から幼虫になり、幼虫は脱皮を繰り返して、やがて蛹となり、羽化します。この生長
過程を何らかの形で阻害する殺虫剤で、他の殺虫剤とはまったく作用が異なります。主なものは、
脱皮阻害剤、変態阻害剤です(人間の変態には効きません)。ふ化直後の幼虫は、脱皮を盛んに繰
り返すため、若齢幼虫ほど効果が高くなります。

(1)ベンゾイルウレア系殺虫剤
クロルフルアズロン(アタブロン)、シフルベンズロン(デミリン)、テフルベンズロン(ノーモ
ルト)、フルフェノクスロン(カスケード)などがこれに相当します。この殺虫剤は、昆虫のキチ
ン質(皮)の生合成阻害剤で、新しい皮が出来なくなり死に至ります。
ミツバチや天敵(ハチ類)などに影響が少なく、人畜に毒性が低い反面、アブラムシなどには効
果が低い特徴があります。
(2)ブプロフェジン剤
ブプロフェジン(アプロード)がこれに相当します。これも昆虫のキチン質の生合成阻害剤で、
コナジラミ類、カイガラムシ類の若齢幼虫に選択的に効果が高く、成虫には効果が全くありません
が、これを処理した成虫が生んだ卵はふ化できなくなります。
遅効性ですが、残効性が長い特徴があります。コナジラミやカイガラムシ以外の昆虫には効果が
低いですが、天敵類に影響がない利点を持ちます。
(3)テブフェノジド剤
テブフェノジド(ロムダン)がこの仲間です。脱皮を異常に促進する薬剤で、散布した昆虫は異
常脱皮を繰り返し、脱皮不全のまま死に至ります。
キチン生合成阻害剤より速効性で、残効性が極めて長く、鱗翅目(蝶や蛾の幼虫)に特異的に効
果があります。天敵や有用昆虫には効果がなく、薬害は全くありません。
4.微生物殺虫剤
害虫に対して選択的に殺虫効果のある毒素を作る微生物をタンク培養して農薬としたもので、こ
れを散布した葉をアオムシが食べると、アオムシの体内の消化管内のアルカリ性消化液で成分が変
化して、下痢をおこして死んでいくという特徴を持ちます。したがって、人間や家畜などの消化液
(胃酸)は酸性であるため、体内で分解され、毒性を示しません。

一般通称名として、BT剤といわれており、トアロー、セルスタート、セレクトジン、ダイポー
ル、バシタックスなどがあります。
特徴は、
①B.Thuringensis という微生物が作る毒素を農薬としたもの、
②鱗翅目害虫(蝶や蛾の幼虫)に選択的に作用(蝶や蛾の幼虫以外には効かない)、
③死ぬまでの時間がかかるが、消化管(内臓)に障害が起こり、速やかに食害を止める
④若齢幼虫ほど効果が高い、などがあります。
●殺虫剤抵抗性に対する対応
上記の様に、殺虫剤はその種類によって分類することができ、分類上、同じ仲間の殺虫剤を連続
して散布すると抵抗性が現れます。
例えば、DDVP、ビニフェート、スミチオン、ダイアジノン、
マラソン、スプラサイド、オルトランなどはいずれも有機リン系殺虫剤で、これらを連続して散布
すると有機リン系殺虫剤に対する抵抗性が生まれてきます。
したがって、有機リン系殺虫剤、カルバミド殺虫剤、ピレスロイド系殺虫剤、ネオニコチノイド
系殺虫剤、ネライストキシン系殺虫剤、呼吸阻害剤、ベンゾイルウレア系殺虫剤、ブプロフェジン
剤、テブフェノジド剤、BT剤を随時入れ換えながら散布することでいずれにも抵抗性がつかない
状態を維持することができます。
最低でも、神経系阻害剤として、有機リン系殺虫剤、カルバミド殺虫剤、ピレスロイド系殺虫剤、
ネオニコチノイド系殺虫剤、ネライストキシン系殺虫剤、呼吸阻害剤を揃え、各々を色テープなど
ですぐに判るように分別して、農薬散布日誌に記載することを心掛けて下さい。
さらにこれらに加えて、ベンゾイルウレア系殺虫剤、ブプロフェジン剤、テブフェノジド剤、B
T剤などを組み合わせて散布するように心掛ける必要があります。
●殺虫剤散布の注意点
◎殺虫剤の多くは神経系阻害剤であり、人間にとっても毒であることを充分理解してください。
◎殺虫剤の人体への取り込みは粘膜吸収が最も多く、「目」、「口」、「鼻」からの進入を極力防ぎま
す。【マスクとゴーグルの着用】
◎人体に入った殺虫剤は、肝臓で分解されます。そのため散布後は肝臓の機能を休ませます。【散
布後の飲酒の禁止】と【充分な休息】
◎大発生の前に散布します。散布にあたっては、3~7日ごとに3回程度同じ殺虫剤を処理し、次
回は別の種類に切り替えます。
□参考資料
農薬の用語解説 11/27~13/27 個別の殺虫剤に関する解説が参考になります。
農薬の作用メカニズム~殺虫剤~ 8/13~9/13 図入りで分かり易い。
<第12回>殺虫剤の作用メカニズム(掲載2005年3月)

投稿者 totokaka : 2009年07月30日