2009年7月7日

2009年07月07日

農協シリーズ第2弾 「日本の農業の現状」

こんにちわちわわです。
農協シリーズ第2弾>!「高関税、高価格維持は農協の経営のため」をお送りします。山下一仁著「農協の大罪」より要約です。
汚染米の事件は記憶に新しいところ。
米粉加工会社「三笠フーズ」による工業用の汚染米を不正転売、横流しした事件である。工業用の糊として売却するとトン当たり1万円程度だが、焼酎、あられ、せんべいなどの加工用途だと7万円、食用なら25万円~35万円で売却できる。
農水省販売・検査の不備も次から次へと発覚し、マスコミからは横流し企業との癒着の疑いさえ指摘されている。
農水省何やってんだ!と思った方↓↓ぽちっと!

(さらに…)

投稿者 tiwawa : 2009年07月07日