2009年10月10日

2009年10月10日

新しい「農」への途(1-2)――戦後農政の超克――

前回(http://blog.new-agriculture.com/blog/2009/10/000996.html)に次ぐ第2回目です。
◆農地改革は、日本側の自発的な意思で着手された
マッカーサー連合国軍総司令官は幣原喜重郎首相に、民主化のための五大改革を要求しました。そのは、①女性の解放、②労働組合の結成奨励、③学校教育の民主化、④秘密審問および民権を制限する司法制度の廃止、⑤経済機構の民主化ですが、「経済機構の民主化」の中には農地改革をイメージしていなかったようです。
にも拘らず、農地改革がいち早く実現されたのは、日本側の自発的な意思として着手されたから、と云われます。それは、日本経済全体にとっても農村社会にとっても、地主制の見直し・解体が日本の近代化には避けて通れない問題という認識が戦前からあったからに他なりません。
敗戦の処理・対応という極度の外圧が加わった時でさえ、一方的な強制圧力だけでは追共認は成立し難たく、内政的な課題意識があったらばこそ、国内の合意形成を可能にしたということではないでしょうか?
%E2%98%85%E6%96%B0%E8%81%9E%E6%83%85%E5%A0%B1.jpg
▲1945年11月14日毎日新聞の一面記事
農林省の農政課長だった東畑四郎(のちに農林事務次官)は、11月12日にGHQ天然資源局(NRS)に赴き、まだ閣議にもかけていない農地改革の農林省原案を説明したら、「特に異論はない」という回答を得たことに気を良くしました。その帰路に外国人特派員に呼び止められ、彼との質疑応答内容が翌日の毎日新聞の1面を飾ったスクープになったそうです。
この場面でも、新聞記者による一方的な「出し抜き」ではなく、東畑にとってみれば政治的な局面を突破するために「リークした」という匂いを感じます。このスクープ記事が事態を急変させたわけですから・・・。

(さらに…)

投稿者 staff : 2009年10月10日