2009年2月25日

2009年02月25日

農業を担う人材を育てる~木之内農園の取組み

先日、熊本の㈲木之内農園の木之内会長の話を聞く機会がありました。 :D
熊本県南阿蘇村の木之内農園グループの総耕作面積は16ha。イチゴ狩りをはじめとする観光農園(イチゴ180a) 、米4.3ha、施設・露地野菜、ジャムやフルーツワイン、餅等の農産物加工・流通、たまご拾い牧場、田植え等の体験農園のほか、新規参入者を対象に研修もおこなっています。
特に近年は、担い手育成に力を入れており、5年前には県内の8件の農家と、担い手育成のためのNPO「阿蘇エコファーマーズセンター」を設立しました。この15年間で430名の研修生を受け入れ、40名を独立させたそうです。それでも1000万円の売り上げがある(家族4人が食べていける)のは、5名しかいないとのこと。
木之内さんは、「これまで日本の農業は、作物は育てても、人を育てることはしてこなかった。技術ばかりではなく、経営や理念を教えていくことが必要だ。特に新規就農した後の人材育成が不足している」と仰っていました。
その「研修システム」について、具体的にお聞きすることができたので紹介したいと思います。
続きを読む前にポチッと☆応援ありがとう!

(さらに…)

投稿者 komayu : 2009年02月25日