2011年8月9日

2011年08月09日

最近の類農園の様子

みなさん、こんにちは。
久しぶりに最近の類農園の様子をお伝えしようと思います。 :D
○台風直撃!!田んぼに水が!!
7月20日、台風6号 が三重県を舐めるように通過し、大量の雨を降らせて過ぎ去っていきました。
見る見るうちに川の水位が上昇し、一時は自分たちも非難しないといけないかなと思ったほど降りました。 :blush: 水路から水が溢れ出し、田んぼ一面湖のようになり、水に浸かってしまいました。

幸い、水に浸かっていたのは6時間くらいで、稲はほとんど倒されておらず、無事でした。 :-) ただ、ちょうど稲の花が咲いて受粉する時期だったので、受粉できずに不稔(稔らない事)が若干あるかもしれないという不安が残ります。
 今年は地震や台風など、自然災害がとても多く、なんとも不気味な感じではありますが、こんな時だからこそ、食糧を作る農業の大切さを実感します。しっかり作って、多くの人にお届けできるようにしたいと思います。
○もうすぐ稲刈り♪準備万端!

8月に入り、田んぼでは稲がすくすく育って、穂が垂れ下がってきました。三重県のこの地域は8月下旬から稲刈りが始まります。類農園は田んぼが多いので、早いものは8月7日くらいから刈る予定です。お米を乾燥する機械も設置して、準備万端です♪

一方、お米が稔ってくると、気をつけないといけないのが、イノシシやサルなどの獣の被害です。彼らはお米が美味しいことを知っていて、夜な夜な人気がなくなると、田んぼに出てきては、お米を食べていきます。
そうならないように、人間側も電気の柵や、トタン、金網などで田んぼを囲います。それでも彼らも必死なようで、トタンを乗り越え、金網を引きちぎり、突破してきます。
毎日見回りをして、網が破られていたら、補修をして、、、といった、獣との戦いが始まります。
 共存の道の道は無いものかと思いますが、こちらも必死。彼らとの戦いは、稲刈りが終わるまで続きます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後にポチッとお願いします

投稿者 keitaro : 2011年08月09日