2019年6月6日

2019年06月06日

一億総百姓化社会のススメ~日々の暮らしの中に、『農』の時間を

現代社会に生きる私たち自身が生み出した、「リアリティの喪失」という化け物。

この難敵と対峙するための、一つの方策として、著者は「日々の暮らしの中に、意識的に『農』の時間を」と説きます。

知る、ではなく、発見する。
消費する、ではなく、生産する。
勉強はつまらないが、学ぶことは楽しい。

生きる意欲につながるこれらの気づきが、「農」を通じて得られるということ。

以下、抜粋引用(都市と地方をかきまぜる:光文社新書)

(さらに…)

投稿者 noublog : 2019年06月06日