2013年12月12日

2013年12月12日

農を身近に★あぐり通信vol.15:園舎も囲われた敷地も遊具もない「森の幼稚園」~お母さんたちの手で始まった自然体験幼児教育

デンマークにて始まった、森の幼稚園
131212-0.jpg
画像はこちらからお借りしました。
当初は、ママさんグループから始まった活動(育児)が、「五感を使った自然体験」として、現在、世界中から注目されているようです。
遊具や道具がなくても、自然が微妙に変化する様子、そして、つながりを持った活動・現象すべてが教材となります。
自然の力、そして、人間の自然への同化能力の高さは無限大であり、自然(農)の多面的価値を再度、認識し、生活の中に活かしていく必要があるのでしょうね。
続きを読む前に、応援いただけると嬉しいです

(さらに…)

投稿者 staff : 2013年12月12日  

2013年12月12日

シリーズ「自給期待に応える食と医と健康」(5)日本人に適した食材と料理を陰陽学から考える!

前回シリーズ「自給期待に応える食と医と健康」④身体のバランスと酸アルカリの関係では、からだの健康を維持する上では、酸とアルカリ性の食品をバランスよく摂ること、また、それらの食品がからだにどう影響するのか、特性を知ることが重要であることを勉強しました。
 一方、摂取する食品のバランスを考える上では、昔から知られているものに、中国で生まれた陰と陽という概念があります。最近は、西洋医学では治療不可能な患者が、あれこれ知人やネット探索を頼りに、東洋医学による治療を模索・実践し、回復に向かうケースがかなりの数で確認されているようです。
以下、るいネット魚料理には大根、肉料理にはじゃがいもが付いている。ちゃんと意味がある。~『食の陰陽学』より より引用

私の母が病にかかった。小脳が萎縮していき、運動能力がどんどん低下していく病気だ。
某有名大学病院では、難病指定された病気で、治療は不可能、3年後には車椅子生活になるだろうといわれる。
そして、治せないけど薬は飲んでくれと言われた。なんだそれ?医者?
こうなったら東洋の医療に頼ってみるしかない。ということで、あれこれ知り合いやネット伝手で可能性があるところを模索。
確かに紛い物も沢山ある世界だが、真っ当と直感的に感じる東洋医にはきちんとした理があることが最近わかってきた。
それがとても面白い世界で、なるほどという部分がかなりある。
現在取り入れているのは、『食の陰陽学』を使った食膳療法と『鍼灸』だ。
効果ははっきりと出てきて、治すのは無理と言われた母の容態も少しずつではあるが回復に向かっている。

今回は、この記事にあるように、食事は、酸とアルカリだけのバランスだけではなく、東洋の陰と陽という概念も参考にしながらバランス良く摂る方法、病気にならないからだをつくる食材や料理について紹介したいと思います。

(さらに…)

投稿者 staff : 2013年12月12日