| メイン |

2005年11月22日

米飯給食、伸び悩み…

>都会の小・中学校で、米飯給食の実施回数が伸び悩んでいることが18日までに、文部科学省が行った学校給食実施状況調査(2004年5月1日現在)で分かった。全国の米飯給食の1週間当たり実施回数は2.9回。これに対し、神奈川県は2.1回、大阪府は2.4回、東京都は2.5回にとどまっている。炊飯設備などの整備が遅れているのが原因。栄養職員からは、国に対して炊飯設備への補助を求める声が上がっている。(05/11/19日本農業新聞)

これは伸び悩みと言うよりも、横ばい状態。2003年から全然伸びてない。生徒・児童数の多い都会では、人件費や設備投資が必要になり、給食費が高くなることがネックになっているようだ。
その点田舎では、直売所など地産地消の流れにも乗って、実施されているように思う。ただ、そうは言っても一番多いのが高知県の3.6回、次いで福井の3.5回、山形の3.4回、あと岩手、新潟、石川、富山など、米どころが続く。週5回全部米飯、という訳にはいってないのが現状。
僕らの時代はパン給食で、ご飯は1年に2、3回ぐらいだったと思う。
もともと戦後のアメリカ主導の政策により、実現されたのが学校給食。
子供の健康を考えてとか何とか言いながら、本当は日本の食生活を欧米化して、市場開拓することが目的だったことは明らか。
案の定、子供の頃からパン食、肉食に馴染むことによって、欧米の食生活が全国民に浸透していった。でもさすがにこれはヤバイと思い、米飯給食を推進してきた訳だが、そうなると今度は米の自由化圧力がかかって来た。
このアメリカと言う国は、ホント市場拡大のことしか考えていないし、そのためなら手段を選ばない。途上国を武力侵略しては政権を乗っ取り、傀儡政権によって暴利を貪る。アメリカが市場拡大を止めない限り、地球上から飢えや戦争はなくならない。
小松
応援よろしく~♪

投稿者 komayu : 2005年11月22日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.new-agriculture.com/blog/2005/11/89.html/trackback

コメント

>人類は、その領域に生息する生物と共存と競合の関係にあったであろう。そして、自然の実りの経過や動物の移動繁殖のパターンを注意深く観察し、機を失しない採集の時や狩猟の方法を選んだに違いない。
↑冒頭のこの部分、凄い納得しました。
自然の実り、繁殖パターンといった摂理に学び、自らの生活の術を探っていった我々の祖先。今日よく言われる“共存”のように、単に「住み分ける」という形ではないものを感じました。地球という同じ生態系の中で、「住み分ける」ことなんて有り得ないことであり、それでもそのような倒錯した考えに至ってしまうのは、市場の存在を前提としているから なのではないでしょうか。

投稿者 ニカ : 2006年11月19日 17:11

かつては日本の里山に害獣とされる動物の天敵が多くいました。
その天敵の代表的な動物がオオカミですが、日本国内では既に絶滅されたといわれています。
ウルフピーは、イノシシや鹿、熊などの害獣とされる動物の天敵である狼の尿を使い、狼の存在を他の動物に知らせて自然に生活圏を住み分けるというコンセプトの商品です。
天然の狼尿100%なので、動物や自然を人工的に傷つけることがありません。
アメリカでは20年以上前から既に国立公園などで使用されていました。
詳細は http://www.wolfpee.com
ご参考までにお知らせいたします。

投稿者 ウルフピー : 2007年7月5日 14:25

ミリタリー通販ショップ南国百貨店

米軍放出品の本場沖縄より、ミリタリーグッズを現地価格でお届けします、代引きOK、電話注文OK。

投稿者 南国百貨店 : 2007年7月18日 03:17

家庭菜園 塩まき【還暦から家庭菜園・楽農・農業革命 】

家庭菜園 塩まき農業塩をすき込みました。2畝70gづつ塩をすきこみ、まぜあわす。山砂だけの土に2回目の有機肥料をさてさて、どう上手くいくかをどきどきです。

投稿者 家庭菜園 塩まき【還暦から家庭菜園・楽農・農業革命 】 : 2008年4月19日 21:53

上記のコメントにある「ウルフピー」って、
100%天然素材と書いてあって、
JAとかでも試験が行われていたりしますが・・・
ウルフのPEEなんて、簡単に採れますかねぇ?
ガロンで売ってたりするようですが
何で出来ているのでしょうね。

投稿者 ウルフピー? : 2008年9月26日 14:56

新しい「農」のかたち | 鳥獣害対策は、農耕が始まって以来の積年の課題

投稿者 モンクレール ダウン 人気 : 2013年12月1日 21:43

新しい「農」のかたち | 鳥獣害対策は、農耕が始まって以来の積年の課題

投稿者 モンブラン インク : 2013年12月2日 02:13

新しい「農」のかたち | 鳥獣害対策は、農耕が始まって以来の積年の課題

投稿者 wholesale bags : 2014年2月11日 00:31

hermes online paketschein erstellen 新しい「農」のかたち | 鳥獣害対策は、農耕が始まって以来の積年の課題

投稿者 hermes yellow wallet : 2014年2月18日 23:35

コメントしてください

*