2011年9月10日

2011年09月10日

『新しい農のかたち』を実現するために ~ 3つの切り口 ~

%E6%9C%9D%E7%84%BC%E3%81%91.JPG
過去、不安定な社会状況になると、食糧高騰、食糧不足など、食と農は大きな影響を受けてきました。
2011年に入って、3.11大震災、8.5米国債の格下げ問題、7月19日の台風6号など、原発、経済分野、自然災害で様々な社会問題が起こっています。
前回「経済危機・震災を機に、日本の農業を再生する~現状分析編~
では、これらの災害によって、食と農がどのように変わってきたのか?を追求しました。
このシリーズで、災害以前から、農への安心・安全の期待も、食料自給の期待も存在し続けながら、市場原理に変わる基盤がなかった為に実現してなかったという認識の固定をしました。けれども、2011年の原発、経済、自然災害などを通して、みんなでなんとかするしかない意識が顕在化し、「共同体の再生」、「自然の摂理に根ざした生活」への大転換の可能性が開かれてきたのではないかということ。
そして、実は、この危機的状況を180度認識転換して捉えれば、外圧の高まりによって日本の食と農は再生に向かっていくのではないかと提議しました。
しかし、人々の意識潮流を見ても、共認充足の実現の時代に入り、(参照:「10/17なんでや劇場(7) 現代~近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す」 )
次代の新しい可能性は、(決して特権階級の中からではなく)我々大衆の日々の現実の中から既に胎動しています。
だからこそ、食と農の再生だけではなく、これが実現する事で、「日本」そのものが再生していくのではないかと感じています。
そこで、更に深く追求の幅を広げ、農の多面的機能を使い、集団の再生、自然の摂理に根ざした生活、教育の再生等、社会を変えることが出来ないか?と仮説立てし、その可能性を立証すべく実践に即した内容で下記に挙げる新たに3つの軸で『テーマ』を設けて、追求、検証していきたいと思っています。
その前にワンクリックをご協力下さい。

(さらに…)

投稿者 shiogai : 2011年09月10日