| メイン |

2013年12月18日

【コラム】類農園の業態革命~“からだ”も“こころ”も充たす直売所「農家の食卓」

 いま、食品の安全が問題になっています。われわれが普段口にするものには、見た目や味を装い、保存期間を伸ばすための大量の人工物質が添加されています。「利益さえ出ればいい」という市場原理の行き着いた先が、大量生産と大量消費であり、そのため食品の安全は二の次になっているのです。さらに、2011年の原発事故による放射能汚染の問題も深刻です。
 食品の安全に関する問題を契機として、食や健康に対する人々の危機意識は日増しに高まっています。今こそ、農業や食品業界が社会の期待に応えなければならない時代です。
 ところが、日本の農業は危機に瀕しています。戦後米国の市場原理主義の戦略によって自由貿易が拡大したことによって、欧米流のライフスタイルが浸透し、日本の食糧自給率は40%を切りました。日本人の主食である米の一人あたりの消費はこの50年間で半減する一方、小麦の消費は約1.5倍、肉・牛乳・乳製品・油脂消費量は約3~4倍となりました。この結果、農業就業人口は5分の1、耕作面積は半減と、農業は衰退する一途です。
   %E5%93%81%E7%9B%AE%E5%88%A5%E6%B6%88%E8%B2%BB%E9%87%8F.gif
 
 危ういのは農業だけではありません。これらの食生活の変化に伴い、悪性新生物、高血圧、糖尿病、心疾患、脳血管疾患といった生活習慣病と言われる病気が増え続けています。逆に、今、世界では理想のバランス食と言われる日本食が注目されています。日本食の特徴は、一汁三菜と言われ、主食である「ごはん」(炭水化物)をベースに「汁」、魚介類や大豆製品などの「主菜」、海藻や根菜、きのこ、豆類などの「副菜」をバランス良くとることです。現代の日本人の健康や栄養バランスを考えると、これらに適度な肉や卵や乳製品を加え、添加物などの人工物質が必要以上に入っていない食事をとることが必要ではないかと考えています。
%E6%91%82%E5%8F%96%E9%87%8F%E6%8E%A8%E7%A7%BB.png %E5%A4%96%E6%9D%A5%E6%82%A3%E8%80%85.bmp
「おいしいものを安心して食べたい」
類農園は、そんなお客様のご期待にお答えしたい!と考え、来年の正月明け、大阪・西中島南方に小さいながらも直売所をオープンすることにしました!
%E8%BE%B2%E5%AE%B6%E3%81%AE%E5%8F%B0%E6%89%80.bmp %E5%9C%B0%E5%9B%B3.bmp
 店の名前は「農家の食卓」、この名前は、類農園がこれまで約1年以上、大阪市内や茨木市・豊中市を中心に、大和野菜や伊勢・志摩の恵みを販売してきた移動販売車のネーミングを引き継いだものです。
 今回、固定店舗を構えるに向け、より多くのお客様の期待に応えるべく、食材を厳選し、新たな商品開発を行ってきました。開店2か月前を迎え、今回は、お店のコンセプトを皆様にお知らせしたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


伊勢・大和路の農産物直売所
**********************************************************
   “からだ”も“こころ”も充たす「農家の食卓」
**********************************************************
(1)おいしさだけでなく健康にいい“新しい食のかたち”を提供
「農家の食卓」では、お客様の健康を考え、おいしさの点でも十分に満足できるよう、お客様にご納得いけるよう以下のような食材を提供していきたいと考えています。
①農家が厳選した無農薬や減農薬の新鮮野菜、添加物の少ない安全食材(加工品)
②握りたてのおにぎりとお味噌汁、お昼のお弁当販売
③都会の忙しい人向けに、カット野菜と肉、魚、調味料等の組合せパパッと調理メニュー
④お好みの野菜取り置き保冷サービス

現在、みんなで試作の繰り返し
     %E9%96%A2%E8%B0%B7%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A.jpg  %E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A%E5%8B%A2%E6%8F%83%E3%81%84.jpg
     %E5%BC%81%E5%BD%93%E4%BD%9C%E3%82%8A.jpg  %E5%BC%81%E5%BD%93%E2%91%A1.jpg
%EF%BD%B6%EF%BD%AF%EF%BE%84%E9%87%8E%E8%8F%9C.JPG %EF%BD%B6%EF%BD%AF%EF%BE%84%E9%87%8E%E8%8F%9C%E2%91%A1.jpg %E8%A9%A6%E9%A3%9F.jpg
   
(2)農を身近に感じることができる店だからこそ安心して買える
お店の運営は、これまで14年間、奈良(大和路)や三重(伊勢路)で野菜やお米を栽培してきた類農園が行います。類農園は、これまで地域の生産者や行政とも連携し、様々な食材をお客様に提供すると共に、地域活性化にも貢献してきました。これら経験や他の農家から教わった知恵を生かし、お店では、栽培や生産者・商品に関する情報はもとより、野菜の保存や調理に関する昔ながらの知恵も提供し、お客様に安心して食材を購入して頂けるよう取り組んでいきます。
(3)地域の皆様との“こころ”を充たし合える関係づくり
類農園の親会社である類グループは、約40年間、この西中島の地で育まれた企業です。このお店の開店を契機に、さらなる地域の皆様との関係づくりを行っていきたいと考えております。
様々なニーズに応えられるよう、日頃からお客様とのコミュニケーションをはかり、地域の食材を生かした料理教室、農業体験ツアーなどの開催も検討しています。これらの活動を通じて“こころ”も充たし合える関係づくりを私たちは目指しています。
      %E5%BA%97%E9%95%B7.bmp
 自ら栽培した農産物に加え、長年の栽培で培った確かな目と舌で、実際に食して厳選した、信頼できる農家の農産物をお届けしたいと考え、ています。この事がお客様の健康を守り、日本の農業の再生にも繋がっていくものと確信しています

投稿者 staff : 2013年12月18日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.new-agriculture.com/blog/2013/12/1486.html/trackback

コメントしてください

*