2013年6月21日

2013年06月21日

農を身近に★あぐり通信vol.5:贈与でどうよ?物々交換は脱市場→贈与経済への第一歩

こんにちは :D
前シリーズ「タネから次代の農業を考える」では、

“安い”“いつでも手に入る”“調理しやすい”などの市場経済によって増長されてきた価値観ではない判断軸をもつ人々が増えていること また、形ばかりの健康志向や安全志向ではなく、“種”という本質的なものへ人々の関心が集まりつつあること。これは、私たちの求める豊かさの質がより本源的なものへと転換してきていることを現しているといえるでしょう。

と提起しました。これからの農業、地域を予測していく上で、市場経済からの脱却は大きなテーマとなるのではないかと思います。
では、脱却した先はどうなるのか?
今回は、それを考えるヒントとして、内田樹さんが提唱している「贈与経済論」をご紹介します。
内田さんは、「現在のような交換経済から贈与経済へというおおきな流れはもう変えようが無いと思っている」と推測しています。
そして後半では、丹羽順子さんが発起人となり、拡がりを見せつつある“xChange”という、物々交換会の紹介をします。
古着などを交換するマルシェのようなイベントです。
そして、当ブログでこれまでも扱ってきた“タネの交換会”も再考します。
どちらも交換の場ではありますが、内田さんのいう、贈与経済へつながる可能性を感じています。
%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B8.jpg
市場経済の先が気になる方はポチっとお願いします。

(さらに…)

投稿者 staff : 2013年06月21日