2006年3月27日

2006年03月27日

牛乳大量廃棄処分…

キャベツに続いて、今度は牛乳の廃棄がニュースになっていた。
牛乳100万本廃棄 「太る」印象、消費者敬遠 牧草スクスク、生産過剰
キャベツを鋤き込んでる映像もそうだったが、牛乳をドブドブと捨てる様子に、何ともやり切れない気持ちになる。ヨメさんの実家が酪農をやっていることもあって、尚更沈痛な思いだ。
牛乳の消費量は、年々減少してきており、その上に単価は下落傾向。にも拘わらず餌代は上がる一方で、踏んだり蹴ったり。一体何をしているのか判らなくなる時がある、と義父は嘆いていた。
一時は、牛乳を飲むと背が伸びる、などと言われ、僕らも子供の頃はせっせと飲んだものだし、健康にもいいと言われてきたのが、ここへ来て逆風が吹き始めているようだ。
牛乳の害(ここにもアメリカとマスコミ支配の影が・・・)なんていう記事もあるが、やはりマスコミの影響が大きいと思う。
冒頭の“「太る」印象→消費者敬遠”にしても、マスコミ報道によるものであることは間違いないだろうし、だけど当のマスコミ自身はそんなことは微塵も感じていないのだ。
マスコミ報道に振り回されること無く、事実をしっかりと見極めることが必要なのだと思うが、そのためには、現実を切開するための構造認識が不可欠になる。
そういう時こそるいネットで勉強しよう。最近は、みんなの投稿に同化することを心掛けるようにしてみて、色んな気付きをもらって勉強になるだけでなく、ありがたいなあ、と感じるようになった :D みなさんにも是非お勧めしたい。
小松
応援ありがとう!

投稿者 komayu : 2006年03月27日