| メイン |

2014年02月08日

類農園の業態革命②~「農産物直売所」を都会の真ん中に、オープン!どうお客様を獲得していく?

この時代、農業で成功していには、で書いた農における「業態革命」をしていく必要があります!
詳しくはこちら→類農園の業態革命・一歩の歩み①~他企業とコラボ☆新商品「伊勢ひかり」開発への道♪
おさらいすると、ポイントは
 ①販路の開拓 ②農家の組織化 ③技術開発
の3点。
類農園でも現在、奮闘しながら「業態革命」に取組み中です
その要となる「農産物の直売所」を、大阪の街中にオープンしました
%E8%BE%B2%E5%AE%B6%E3%81%AE%E9%A3%9F%E5%8D%93.jpg
%E8%BE%B2%E5%AE%B6%E3%81%AE%E9%A3%9F%E5%8D%93%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95.jpg
「お客様に安心・安全な食を提供したい!」
という思いから、類農園が栽培した農産物に加え、奈良県と三重県を中心に、信頼できる農家さんの食材を集めた農産物直売所です。
長年の栽培の中で培った目と舌で、実際に見て食べて選んだ、こだわりの食材を産地から直接お客様にお届けしていきます。
詳しい場所は、こちらへ→類農園HP
今まで、農産物直売所というと、田舎にある(農地の近く)がほとんどです。
この都会の真ん中にオープンしたというのが、新しいんです!
本当にいいものを提供すれば、都市の方が、高単価で売れるんです
これを立証できたら、「農の新しい可能性」を切り開くことになります!
なので、成功させたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


販売を促進していくには、季節に合わせたイベントや商品企画を打っていく必要があります
今回、企画したのは、 バンレンタイン
イベントは工夫しだいで、高単価で売ることができます!
今回、意識して行っていることは、3つ!

①他のお店にはない直売所らしい商品にする!
②付加価値をつけて、単価をあげて売る!
③会社や知人の人たちも巻き込んで、ツイッターやFBなどでも宣伝してもらう!

です。
①他のお店にはない直売所らしい商品にする!
ただチョコを置くのでは、直売所らしさがありません!
何か直売所らしいものは置けないものかと考えたところ
野菜を使った焼き菓子 に!
%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%85%A8%E4%BD%931.JPG

野菜 を使っているので、とってもヘルシー
おからと大根を使ったガトーショコラは、カロリー1/3

「健康志向の人あの人へ
「新しいものが大好きなあの人に」
「少し体形を気にしているあの人に

にぴったりの商品です :D
奈良県の野菜菓子工房「Cocoai」さんが作って下さいました
類農園のお野菜も使ってくれています
どんな商品かというと・・・
%E8%A9%A6%E9%A3%9F%E7%94%A8.JPG
ガトーおから大根
チョコレートの生地に、「おから」と「大根」を加えています。
なので、カロリーは、通常のチョコケーキのカロリー1/3!野菜の味は主張しすぎず、濃厚でおいしいです。チョコ好きの人も納得の味!
チョコとホワイトチョコがけの2種類あります。
トマトの焼き菓子
乾燥させたトマトとオレンジピールを加えています。やさしい味です
奈良漬チーズケーキ
奈良漬に合うように、酒かすと2種類のチーズをブレント!
チーズの味が濃く、甘さは控えめ。チーズ好きの方にぴったり :D
片平あかねクッキー
奈良の伝統野菜、「片平あかね」を使ったクッキー。
片平あかねの赤がクッキーに練りこまれて、ほんのりピンク色で、カワイイです
      
      
②付加価値をつけて、単価をあげて売る!

こういったイベントは、高単価で売ることができます!
そこで、ラッピングをして売ることにしました!
そして、そのラッピングも「あげる対象別」に、グレートを分けました☆
%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg
まずは味を確かめたい!(自分用)
「野菜の焼き菓子」ってどんな味?自分で味を確かめたい!という方向けに、ラッピングをしていないバージョンです。
女友達や同期など、親しい方へ
ちょっとした贈り物として渡せるように、簡単にラッピングしたものです。
上司など、お世話になった方へ
カッチリとした感じになるように、箱に入てれラッピングしています。
特別な方、本命の方へ
ガトーショコラ2個(ホワイト・チョコ)と、奈良漬チーズorトマトの焼き菓子どちらか1個が入っています。
特別感が出るように、ラッピングには力を入れています
  
   
③会社や知人の人たちも巻き込んで、ツイッターやFBなどでも宣伝してもらう!
お店でお客様にバレンタイン用のチラシを配布しています。
でも、それだけだと、新規のお客様の獲得につながりません。
そこで、ある実験を試みています。
「会社や知人の人たちも巻き込んで、ツイッターやFBなどでも宣伝!」
その効果をどうはかるかは、難しいですが、
「そこに思わず書きたくなる!」ネタをどれだけ提供できるかが
カギなのかなと思います
追求し続けることが大事ですね :D

投稿者 miwa : 2014年02月08日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.new-agriculture.com/blog/2014/02/1510.html/trackback

コメントしてください

*