| メイン |

2009年03月19日

「食とグローバリズム」生産国の現状

こんばんは まるいちです。今日は、「食とグローバリズム」生産国の現状、と言う記事です。
■グローバリズム、グリーン・ニューディール、グリーン・ネオリベラリズム、フェアートレード、緑の革命・・・言葉としては耳障りが良いですが、その実態、事実は良く知られていません。
 これらの事実の一部ですが、NHKのドキュメンタリー番組として報道された、発展途上国の様子、事実を紹介します。
 番組は既に終わっていますが、放送内容の概要からもその内容は充分窺い知る事ができます。
※参考:愚樵空論「農業ビジネスは危険」
以下、「NHK BS世界のドキュメンタリー」http://www.nhk.or.jp/wdoc/index.htmlより引用。

アマゾン 大豆が先住民を追いつめる
 アメリカで世界第2位の大豆生産国に転じているブラジル。大豆畑に変わろうとしているのが熱帯雨林のアマゾンだ。資本主義の論理の中で、アマゾンに暮らす先住民は土地を追われ、さらに、熱帯雨林が大豆畑になることで周辺地域の降水量が激減するために環境にも異変が起きることを番組は指摘する。
 国際的に増大する一方の大豆需要に応える形でアマゾンの熱帯雨林が今、大豆畑に変わろうとしている。今回、フランスが制作したこの番組は、アマゾンの熱帯雨林で繰り広げられている地元先住民と大豆農家との対立の現場をとらえ、熱帯雨林が大豆畑に変わることで温暖化にどのような影響があるかを掘り下げている。
 アマゾン北部のマット・グロッソ州で、違法な伐採を行おうとする大豆農家と先住民との間に殺傷事件まで発生している対立の構図。その背景にあるのは、米・穀物メジャーのカーギル社がアマゾン川の港に大豆用の巨大倉庫を設置、大豆輸出に乗り出していること。貧しさのあまり、土地を大豆農家に売り渡すことで、先住民の生活がさらに困窮している現状を描く。さらに、複数の気象学者が熱帯雨林が大豆畑に変わることの影響について警告する。森林が失われることにより、南米全体の降水量が減り、砂漠化が進むという。先進国の大豆需要に応えようとする結果、ブラジル国内での貧富の差が進み、環境にも大きな影響をあたえていることが改めて浮かび上がる。
原題: Amasoya
制作: Free Studio(フランス) 2005年
担当者メモ
フランス制作のこの作品の魅力は、5分付近「先住民が抗議のために釣り客を拘束した」というコメントと10分付近アマゾン沿岸にそびえ立つカーギル社の巨大倉庫に尽きます。また、熱帯雨林が大豆畑に変わることでどのくらい地球規模の環境に影響を与えてしまうのかを訴えています。

EU農業が発展途上国を圧迫する
 欧州連合(EU)が農業に充てている補助金の額は、世界で最も高額である。
EUの生産者は、補助金を受けながら大量の余剰作物を生み出している。当初廃棄処分されていた余剰作物は、現在、発展途上国の市場に安く大量に輸出されている。企業に多額の輸出補助金が与えられているため、生産コストよりも安い金額で輸出できるのである。しかし、その結果、農業を国の基幹産業としている途上国では、生産者が価格競争に勝てず、職を失い、苦しい生活を余儀なくされている。
 EUは、発展途上国に余った製品を大量に輸出する一方で、発展途上国からの輸入を制限している。生産コストの安い農産物がEUの市場に流れ込んでくれば、EUの農業に大きな打撃を与えるとみられているためだ。EUの農業保護政策は、発展途上国から産業を奪っているともいえる。
 こうした諸事情を背景に、ヨーロッパへ密入国しようとする途上国の若者が増加している。貧困に苦しむ若者たちが、テロリスト集団の勧誘の対象となっていることも指摘されている。
 番組は、ドミニカの酪農業、南アフリカの砂糖生産業、ガーナの養鶏業など、地元の農民の声を聞きながら、なぜEUの農業保護政策が途上国を苦しめているのか、そのからくりを解き明かし、警鐘を鳴らしている。
原題: Nailed to the Bottom
制作: DR(デンマーク) 2004年
担当者メモ
この番組は、2004年に時事番組部門のイタリア賞を受賞した作品です。イタリア賞はテレビ番組の国際コンクールとしてはもっとも権威のあるコンクールです。このドキュメンタリーは、ヨーロッパの農業補助金が結果的にアフリカの貧困を生み、その貧困がビン・ラデインの信奉者を生み、テロにつながっているという連環を見事に描いています。先進国のあり方がテロを生み出していることに警鐘を鳴らしています。

引続き、記事=事実を紹介しますので、是非読んで下さい。
続きを読む前にポチっと☆応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

綿花地帯からの告発
 欧州の大手スーパーや小売店などで安く売られるタオルやシーツが、実はインド北西部のコットンベルト(綿花栽培地帯)で働く労働者や地域住民の健康を犠牲にして生産されているという企業のグローバル化に警鐘を鳴らす番組。綿花の生産性を上げ価格競争力を高めるため、年に20~30回もの農薬の大量散布が行われ、ガンの発生率が著しい高まりを見せているインドの状況を取材した。
 北欧の化学薬品会社がインドで販売している農薬の大半は、EUではすでに禁止されたもの。会社側は、ゴム手袋や長靴、マスクの着用など使用上の注意を明記してあるというが、ほとんどの農民は文字が読めず、素手で農薬を散布。健康被害は拡大している。
 また、ある繊維工場では、14歳にも満たない少年たちを発見。作業場では、素手のまま塩素入りの染色液や漂白液を扱い、手も洗わず床で食事をする。
 欧州の小売り企業の多くは、工場の選択をエージェントに任せきりで、現場の労働環境まで知りえないのが通常だ。グローバル企業は、発注先の工場に対しても労働安全環境基準を守るよう厳しく求めるべきだと専門家は指摘する。
2007年イタリア賞受賞作品
原題: Killer Bargain
制作: Lynx Media(デンマーク) 2006年
担当者メモ
北欧は、国は小さいながらも数多くの優れた制作プロダクションがあり、ドキュメンタリーを精力的に作り続けています。この番組でも、度々取材拒否を受けながら、実態にせまろうとしていることが伺えます。私たちが日頃、手にする製品がなぜここまで安いのか、そのしわよせが実は、生産している途上国の人たちに及んでいることを想像させる内容となっています。

エチオピア コーヒー生産国の悲劇
 世界60カ国以上、アフリカや中南米などの熱帯雨林で生産されているコーヒー豆。その総取引額は年間800億ドルと石油に次ぐ市場規模で、途上国にとっては重要な産業となっている。ところが1990年代から国際相場の下落が始まり、2000年初頭には史上最安値を更新するなど、生産農家は破壊的な打撃を受けている。
 先進国の消費者が、1杯のコーヒーに数ドルを支払っても、途上国の生産者はそのわずか100分の1の利益しか得ていない。コーヒー豆の価格が穀物メジャーや多国籍の巨大焙煎加工業者によって支配され、先物取引など投機の対象となり投資家を潤す一方で、利益が末端の生産者までまったく届いていないためだ。先進各国でコーヒーチェーン店が売り上げを伸ばせば伸ばすほど、その恩恵に浴するはずの生産農家がさらに困窮を極めるというグローバリズムの歪みがそこにある。
 アフリカ第一のコーヒー生産国、エチオピアでは、コーヒー豆価格の暴落で、7万件以上の農家が破産に追い込まれ、ジリ貧の生活を強いられている。番組では、不公正な取引を断ち切ろうと立ち上がった地元の生産者組合の代表に密着し、世界の4大コーヒー企業やその中間業者による利益搾取の実態と、生産者の直面する厳しい現実を描く。
原題: Black Gold
制作: Fulcrum Productions(イギリス) 2005年

投稿者 nara1958 : 2009年03月19日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.new-agriculture.com/blog/2009/03/809.html/trackback

コメント

中東・ヨーロッパの征服・破壊のパラダイムのはじまり(ギルガメシュ叙事詩より)

以前から興味のあった、NHKスペシャル四大文明:第二集「メソポタミア」を、先日やっと観ることができた。
この番組では、栽培の始まりから「文明の黎明期」≒…

投稿者 にほん民族解放戦線^o^ : 2009年9月3日 23:26

>「ふんだんにモンゴンゴの実があるのに、なんでわざわざ作物を植えたりしなければいかんのかね」
このセリフは、印象的ですね。
すごく納得。

投稿者 ぐりとくま : 2009年9月5日 03:08

ぐりとくまさんへ
コメントありがとうございます★
そうですよね。生存可能なら安定して生活を続ける。
逆に生存状況が厳しいときに、さまざまな食糧生産の方法を編み出してきたんですね。生物の摂理でしょうね。

投稿者 tyodai : 2009年9月7日 01:04

従来の経済の考え方は「資源発掘→加工生産→消費→廃棄」だった。
すると、「資源枯渇」「競争による倒産失業」「環境汚染」等の問題が起きる。
 その解決策として考えたのが上記の図(下記blog内)である。産業を「衣食住×衣食住」で9つに分けた。それぞれの中でサービスが回転する。
・リサイクルするので資源枯渇や環境汚染が軽減する。
・バランスよく配分されて倒産や失業が軽減する。
 ここには「生産と消費」というお馴染みの言葉でなく、「送填と受填」という新しい言葉を用いる。
http://blogs.yahoo.co.jp/k_kibino/61176047.html

投稿者 kibino : 2010年4月4日 12:44

最初の余剰作物は恐らく神官に捧げられ(アニミズム段階)、
次に技術者などの土木工事のテクノクラートに(実務段階)、
次に略奪者と商人に捧げられたのではないだろうか。

投稿者 匿名 : 2010年12月26日 20:36

新しい「農」のかたち | 農業の歴史を紐解きながら、循環型社会を考える 2.新説;農業の起源~単一作物による大規模農業は略奪部族により始められた~

投稿者 モンクレール ダウン メンズ : 2013年12月2日 03:34

gucci mane big cat laflare lyrics 新しい「農」のかたち | 農業の歴史を紐解きながら、循環型社会を考える 2.新説;農業の起源~単一作物による大規模農業は略奪部族により始められた~
discounted hermes outlet http://go-titlepro.com/css/discounted-hermes-outlet-hermes-discount-store-4140.asp

投稿者 discounted hermes outlet : 2014年1月16日 01:07

hermes idar-oberstein 新しい「農」のかたち | 農業の歴史を紐解きながら、循環型社会を考える 2.新説;農業の起源~単一作物による大規模農業は略奪部族により始められた~

投稿者 hermes bags online : 2014年1月30日 02:07

hermes handbags blue 新しい「農」のかたち | 農業の歴史を紐解きながら、循環型社会を考える 2.新説;農業の起源~単一作物による大規模農業は略奪部族により始められた~

投稿者 hermes avalon blanket replica : 2014年2月6日 20:45

新しい「農」のかたち | 農業の歴史を紐解きながら、循環型社会を考える 2.新説;農業の起源~単一作物による大規模農業は略奪部族により始められた~

投稿者 wholesale bags : 2014年2月9日 15:22

hermes bags collection 2011 新しい「農」のかたち | 農業の歴史を紐解きながら、循環型社会を考える 2.新説;農業の起源~単一作物による大規模農業は略奪部族により始められた~

投稿者 cheap hermes belt uk : 2014年2月18日 23:27

hermes bags resellers 新しい「農」のかたち | 農業の歴史を紐解きながら、循環型社会を考える 2.新説;農業の起源~単一作物による大規模農業は略奪部族により始められた~

投稿者 brown hermes : 2014年2月21日 08:18

コメントしてください

*